旅行

ハワイ3島 食べ物日記

ハワイ島、マウイ島、オアフ島で私のおなかにおさまった美食?の数々をご覧に入れませう。ベジチョイスだけど、ヘルヒーではないのが日常の反動かと見受けられ。



<1>ロコモコ

コナから車で行ったヒロはハワイ・ローカルフード『ロコモコ』発祥の地。食わずにいらでか。トウフ・ロコモコと書いてあったからてっきり。甘辛く煮付けられたタケノコとダシ汁を吸った豆腐がうまい。全体に混ぜ込んである鶏ひき肉を取り除くのは一苦労じゃった。

17.jpg



<2>ベジ・バーガー ~1~

入りばな「Dennysへようこそ!」と聞こえたのは空耳か。日本ではめったに入ることはないデニーズ、本場アメリカとくれば体験したいではないですか。てんこ盛りのフライドポテトにめをぱちくりさせる私に、アメリカ育ちのSちゃんが「ハワイはハワイサイズだということを忘れないで。メインランドより値段が高くて量が少ないんだから」と教えてくれた。はっ、ここはアメリカであってアメリカでないの…?!

18.jpg



<3>ベジ・バーガー ~2~

ホノルル空港で乗り継ぎ時間にバーガーキングにて。さすがアメリカ、ベジの需要があるのか、北京空港にできたバーガーキングではお目にかかれないベジバーガーが普通にセットで買える。人様にとっての普通があたしにはうれしい。

こういうのを食べるたびに思うんだけど、ベジパテの材料ってきっと大豆や小麦の蛋白がメイン。大豆だとすれば、油を絞った後の大豆かすを使うってこと?だとすれば廃棄物利用になって、エコっちゅう話。それとも家畜のえさの横取りをしてることになるのか? 解けない疑問の答え、だれか教えてください。

19.jpg



<4>コストコで3点盛り

子供のころ、業務用チックな大袋にひかれていた。乾燥豆とかクラッカー、チーズ、何でも大量に売っているのにわくわくしてた。そんな私はハワイ島のコストコに行っても大喜び。ナッツにコーヒー豆、マッシュルームにチョコバーと、たくさんカートに詰め込んで買い込んだ。これ、私に言わせればぜんぶ「必要なもの」。無駄づかいじゃないもん。ほかの人がなんて言おうとね。

買い物が済んだ後は、Sちゃんお勧めの熱々ピザを。チーズピザと、ベリースムージー、シナモンチュロスを選んだ。いやぁ、焼きたてのピザをほおばって、キンキンに冷たいシェイクを流し込む、普段ありえない組み合わせに自分の中の悪ガキが喜んでるよ。もう一度食べたいな。

20.jpg



<5>メキシカン

意外にメキシカンがベジにとっての楽園だったりする。ベジ・タコスを選べば、ライスにビーンズ、レタスにサルサ、チーズ、チップスが入ってボリューム満点、カロリーたっぷり、安くて腹持ちがいい。庶民の味方ね。

21.jpg


22.jpg


食べたことなくて写真がなかったエンチラーダを「チーズで」と注文したら、チーズを巻いたソフトタコスにとろけたチーズがかけてあったチーズ・オン・チーズはとってもきつくて脂汗が出たなり。普通は肉を巻いて、チーズをかけてあるらしいね。

23.jpg



<6> オアフの中華料理屋

いやぁ、お勧めしませんこの店は。オアフ目抜き通りに面して地下一階にある台湾人オーナー、中国人スタッフのこの店は、味、サービス、雰囲気、料金、ワーストワン。あまりのヒドさに狂笑してしまった。日本語フリーペーパーの広告を鵜呑みにしてほいほい行ってしまった自分を反省し、勉強させてもらいました。写真は、お約束の麻婆豆腐肉抜き。

24.jpg



<7> たまには1

ホノルルのアラモアナセンター隣接ニーマン・マーカスに入っている「マリポサ(Mariposa)」レストラン。オーシャン・ビューよ、これは実にいい眺め。テラス席は予約したほうが無難。お料理、サービス、ランチ価格、文句なし。


25.jpg



<8> たまには2

ビーチサイドのモアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート内のビーチハウス・アット・ザ・モアナにて晩めし。予約なしで行ったら屋内に通された。窓の外のお庭では夕日をバックにウェディング・パーティーが。もうひとつのお庭ではフラとバンドで盛り上がっていた。四方のテーブルが日本人客でわらわらと埋まっていき、やたらと日本人率の高いレストランだった。

26.jpg



<9> タイ料理

どうしてもグリーンカレーが食べたくなって、マウイ・キヘイで見つけたタイフード屋へ。めずらしくベジ版春巻きを見つけたのですかさず注文。めずらし2でしばらく食べていなかった玄米をオーダーしたらぽそぽそで寂しくなった。全体的に美味しくいただけて満足。

27.jpg



<10> ベトナミーズ

甲殻類にアレルギーを持つ自分は、アジアンフードは注意しなくちゃいけない部類。タイやベトナム、韓国の料理は特におきあみベースの調味料でうまみを出すことが多いから。毎日のチーズ攻めで疲れ気味の胃袋を抱えて入ったベトナム料理屋でさっぱり野菜ヌードルを注文。香菜と生もやしが「酵素食べてます」って感じで身体が喜ぶ。そして喉と耳の奥がかゆくなってきて気分が悪くなる。しかしできることは、ダイエットコークをがぶ飲みし、意識を違うほうへ持っていくようにして、時間が過ぎて症状がおさまるのを待つことだけ。食べてみないとアレルゲンが入っているかわからないことってあるよねぇ。

28.jpg



<11> コリアン

外国に長く滞在するとき、日本料理屋でなくても、韓国の野菜を使った料理が食べられれば、それだけでほっと一息つけると思う。それもナムルや味噌スープとかの超シンプル料理にご飯があればもう十分。ハワイ滞在中も何度か助けてもらいました。好きな惣菜を何種類かチョイスしてご飯をセットするとか、アレンジがきくのがうれしい。

29.jpg



<12> 存在の耐えられない甘さ

ファストフードの故郷・アメリカに来て食べない手はないでしょ。クリスピー・クリームの作業現場見学ももちろん敢行。チョコドーナツを平らげてべとべとになった手と口をガラス窓にへばりつけて、店内工場で揚げられ、コーティングされていくドーナツたちをしかと見ましたよ。スタッフがみんな太っちょだったのは、ミスドでバイトするとデブるらしいというのと同じ理屈ですか。

30.jpg


↑シナボン、日本人にはまだ人気があるようですね。記憶の美化なのか、アフタヌーンティーバイト時代に食べていたシナボンのほうがクリチがきいて、生地もしっとりと、格段にうまかった気がする。

↑マックのこれ、相当甘いっす。レンジでチンして提供される。クリームチーズシナモンダレがどろっとして砂糖ギンギン。

↓甘いといえば、チーズケーキ・ファクトリーのこれも血糖値爆昇もんでした。りんごとくるみとチーズケーキの合体。「一番甘くないのちょうだい」って言ったんだけど、きっとそんなの存在しないんだろうね。ごめんよ、野暮なこと尋ねて。バツゲームみたいなケーキだった。

31.jpg

ハワイ島→マウイ→オアフ

6月下旬から8月上旬にかけてハワイ3島をめぐった旅行記を自分の備忘録としてアップします。


【ハワイ島】

ビッグ・アイランドの魅力はやはり自然かな。一番新しくできた島で、活火山があるから、車を走らせるといたるところに冷えて固まった黒い溶岩の土地が広がっている。飛行機から見下ろすと「緑豊か」というより「黒っぽい島」という印象。


1.キラウエア火山

  カルデラの大きさは直径約4.5km、深さは約130m。ボルケーノ国立公園のビジターセンターで毎日の火山の変化や注意点を確認してから、ペレにご挨拶しに行く。展望台まで車で行けます。

1.jpg



2.マウナ・ケア(ハワイ島最高峰、標高4205m)

  国道190から山道へ入ってマウナケア方向へ車を走らせるとき道はかなりガタガタ。展望台に向かういろは坂もかなり傾斜がきつい。展望台の駐車場に車を泊めて見下ろす雲海は絶景。夕日が西へ傾き、月が上がってくるのは美しいの一言。おびただしい数の星が見られます。ただし見上げる姿勢は首がけっこう疲れるので、完全防寒して寝袋に包まって寝ながら星を見るのもいいかも。

2.jpg



3.盆ダンス

  カイルア・コナからキャプテン・クック方向へ11号を走ると左手にある大福寺では、毎年夏祭りを開催しているらしく、ちょうどタイミングよく参加でききました。日系のおじさんがDJとしてボンミュージックを流し、ときおり「のってるか~い!」と日本語でMCをいれる。ここにいる多くの方々は大変なご苦労をなさったはず。そういう方々にとって年一回の夏祭りがどういう意味合いを持ってきたのか想像するしかできないが、びしっと決まった生歌と踊り、太鼓が脈々と受け継がれている。

3.jpg



4.コナ・コーヒー・コンテスト

  コナ産のコーヒー100%でないとコナ・コーヒーと認められないらしい。コナを巡るとコーヒー農園が実にたくさんある。あのUCCの直営農園もあるしね。農園でもテイスティングはできるが、たくさんの農園が一堂に集まって自慢のコーヒーを飲み比べをできるこのコンテストを冷やかしに行かない手はない。7月にフォーシーズンで開かれたこのコンテスト以外にも、一年にいくつもこの類の物が開かれているらしい。陽気のいい日に、ハワイアン音楽を聴きながら、テントをいくつも巡って「これは酸味が強い。さっきのは飲みやすいゾ」などとうんちくをたれながらコーヒー豆を使ったお菓子もつまんで、大いに酔っ払いました。

4.jpg




5.ワイコロアのホワイトサンド・ビーチ

  滞在したキャプテン・クックから山を降りていった辺りにいくつもビーチや岩場があって、イルカや亀に会ったり、スノーケリングやダイビングをするには最適だ。そいでもやはり白い砂浜、青い海、というのには感動する。高級ホテルが並ぶワイコロアのあたりは、いわゆるリゾートな景色が楽しめて非現実感が増してよろしいようで。

5.jpg




6.ファーマーズ・マーケット

  ケアウホウのショッピングセンター駐車場で毎週末にファーマーズ・マーケットが開かれる。コナを中心にたくさんの農家が新鮮な野菜や果物などをたずさえてやって来る。コーヒーのテイスティングもできるので、農家手作りの好みのお菓子をゲットしたら、名レストランの名シェフの包丁さばきを見ながら、コーヒーと一緒にほおばるのもおつなものです。

6.jpg



7.自家用飛行機でマウイへ移動?!

  一ヶ月ちょいお世話になったハワイ島を後にして、マウイでバカンスと決め込んだ。セレブの移動に欠かせないのが小回りの利くセスナ機でしょう。しかしセレブになりきれない私が選んだのは、パシフィック・ウイング社の約9人乗りでした。ハワイ島で財産が倍増したので、預け入れ荷物の重量制限が各社の中で一番太っ腹だったのがここなんだよね。ついでにパイロットのウエストもかなりの太っ腹でした。

7.jpg



【マウイ島】

もう一度行ってみたいと思えるところ。生活しやすそう。もっとも、道端で「新鮮!野菜果物」売られていたのはハワイ島から運ばれてきたものばかりだったけどね。

8.ラハイナ

  無事マウイ島のカフルイ空港に着陸できたあとは、レンタカーでキヘイまで移動。チェックインしたあとに忘れ物に気づいて空港まで戻る失態をおかすも、そんなに時間的ロスがなく、マウイ島が結構コンパクトなことに気づく。キヘイからラハイナまでも小1時間で着いたような記憶が。ラハイナって、あのマウイ・ジムの本社があるんだね、行ってきたよ。友達が壊れたサングラスを持ち込んだら、無料できれいに直して、めがねケースも新調してくれてたよ。

8.jpg



9.バンヤンツリー

  この菩提樹はすべて一本の樹から派生しているんだってね。枝が伸びて地面に着いたら、そこから根を張るんで、こんなに巨大化したそうな。1873年に植樹、現在の高さは18m、2700㎡の木陰。この樹のすぐ脇の図書館は、落ち着いて昼寝するにはもってこいの場所と見た。私はここでお古の料理雑誌を格安で何冊か買いました。到公堂というミュージアムをのぞいたら、そこを管理しているというタイの華僑だというおばあさんが北京語で話しかけてきた。

9.jpg



10.ラハイナとキヘイの間を海沿いに車で走ると、人気の少ないきれいなビーチがたくさんある。観光客というより、地元の人が波乗りに来ている感じのこじんまりした場所が多い。

10.jpg



11.マウイからオアフへ

  マウイでのつかの間のバカンスを終え、両親と待ち合わせるオアフ島へ向かうことに。荷物が多いため、移動手段は船に決定。カフルイ港から、船内設備が整っていて快適なスター・フェリーで3時間でホノルル港に到着。窓から大自然をゆっくりと見られて、飛行機移動では味わえない時間をすごせます。

11.jpg



【オアフ島】

なんせ1ヶ月以上も高いビルを見ていなかったもんで、ワイキキの街中の都会っぷりに圧倒されまくり。便利さの裏返しで人も車も多い。そこは日本だった。

12.ホノルル・アカデミー・オブ・アーツ

  ハワイ、マウイと公共交通機関が皆無に等しかったが、ここオアフは違う。ワイキキ周辺だけを見るなら、バスを活用すればレンタカーなしでもぜんぜんいける。さっそく4日間乗り放題バスパス$20を買って、美術館へゴー。ちょうど現代中国の芸術家たちの作品を展示していて、売れっ子たちのオンパレードでした。やっぱり中国の現代アートは世界でバブル期なのか、と思った瞬間。

12.jpg



13.ラニカイ・ビーチ

  アラモアナからバスで一時間ほどでカイルアに到着。そこからてくてく歩いて15分ほど。目の前に開けた風景のあまりの美しさに息をのんだ。オアフの海は汚染されているとよく聞くけど、どっこいこのビーチはとてもきれいで人も多くなく、ワイキキからもほど近いのでおすすめです。

13.jpg



14.ワイキキ・ビーチ

  街とリゾートがいっぺんに楽しめるのね、ワイキキって。しかし、ワイキキのビーチは人だらけで足の踏み場もなかったど。美しいサンセットに目もくれずトランプ遊びに熱中するチャイニーズ3人組(タイワニーズか?)も人ごみに埋もれて目立ちません。カピオラニやアラモアナのビーチはぐんと人が少なくなって落ち着けるね。

14.jpg



15.ハナウマ湾

  湾一帯に群生するサンゴ礁、その間をいろんな種類の魚が泳いでるのが見られます。立ち泳ぎするつもりが、場所を選ばないとあちこちにあるサンゴの上に立っちゃうからマズイんだな。ワイキキから車で20分と近いせいか、けっこうな人出でございました。

15.jpg

コスタリカへ到着

ニューアーク空港から5時間ちょい飛んで、コスタリカのホアン・サンタマリア空港に到着しました。時差は、NYよりさらに2時間遅くなって、日本とは15時間違い。通貨はコロンと呼ばれ、空港のレートだと1ドルが500コロン。

受け取ったスーツケースを引きずって出口へ向かうと、ガラス張りの外側にたくさんの人がこっちに向かってへばりついて見ている光景が目に入って、肝が冷えた。客引きの大声やらが聞こえる騒然とした場の様子に、学生の頃東南アジアのバス停でバックパックを背負って立っていた時のような「疲れているのに警戒しなくちゃいけない」気持ちがよみがえってきました。

ちょっぴりげんなりしつつ、右も左もわからないので声をかけてきた土地の人に尋ねてみると、えらいスペイン語訛りの英語でバス停の場所やあとどれくらいで来るからそこに座って待ってなさいなど親切に教えてくれて拍子抜けしました。

4.jpg



今回のコスタリカ滞在は観光が大きな目的ではなくて、北京のメディアを主宰する友人にお供して、中国のコーヒー事情を紹介し、コスタリカのコーヒー事情を理解する、という趣旨の会議におまけ参加するため。どういう風の吹き回しか、「大福を現場で作る」パフォーマンスの任務を知らないうちに与えられていたので、スーツケースに白玉粉や栗の甘露煮、スパチュラなど一式を詰め込んでコスタリカ入りしています。友人は講演のほかに、中華料理を作るという任務をもらっています。なんだかよくわからない集まりです。明日が料理を実演する日なので、展開がまったく読めないけれど、とにかく白玉こねるだけこねてきます。

いざ、NYの Whole Foods へ

トランジットのため、一泊だけニューヨークへ来ました。
10年以上も前になるけど、NHK衛星で『ニューヨーカーズ』というサリー・オグリという日系女性がナビゲートする20分番組が大好きで再放送も欠かさず見ていたのです。ここ数年は自分のアジア傾倒に押され気味だったけど、昔からとっても来てみたかった街なので、短い時間だけど足を踏み入れられて感激。

そして、向かった先は自然食品やオーガニック製品をたくさん扱っているマーケット『ホール・フーズ』です。1980年、テキサスに小さな店を構えて以来、オーガニック食品の世界では先駆者的な存在でナチュラルなライフスタイルを提案し続けて、今では北米と英国に広く店舗ネットワークを広げています。


1.jpg




2.jpg




3.jpg



陳列されている野菜や果物も新鮮で種類が豊富。デリも印度やイタリアン、メキシカン、日本などとたっくさんあってどれも美味しそうで、選ぶのにも嬉しい悲鳴を上げたくなりました。コスメやサプリもずらっと並べてあって、おしゃれなお客さんが手にとっていたりと、ナチュラル系にありがちな「暗い、うさんくさい」というイメージはみじんも感じられませんでした。

今日は閉店間際だったこともあって、当面必要なソープと保湿クリームを買ったのみ。今回の旅行の帰りにまたNYへよる時に思う存分店内を徘徊するぞと鼻息を荒くしています。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ