五月初旬は、一緒に暮らしている友達の誕生日だったので、ロールケーキを作った。キャロブパウダーと卵ををたっぷり入れチョコ色の生地が、よくふくらまず、硬めに焼きあがったスポンジを「えいやっ!」とロールしたら、垂れ眉みたいな、三角のロールケーキができあがった。中身は、生クリームとクリームチーズを一緒にホイップしたさっぱりクリームとスライスバナナとマンゴーを挟み込んで。

何ゆえに誕生日にロールケーキかというと、正月に伊達巻を食すようなもんです(後からこじつけ)。好奇心を持って、健康で人生を謳歌してほしいものです。



img20080524.jpg

あとは、天津開発区に暮らす母子家庭である友人の4歳の娘さんにクッキーを焼いて持参。子供さん、最近習い事を始めたそうで、学習熱がある親子なので、アルファベットと数字で型抜いて、キャロブを入れて作ってみた。焦げたのはご愛嬌ってことで。このクッキーを頬ばりながら、お母さんと娘さんが一緒にABCを口ずさむ光景っていいなぁ、と勝手に想像。