春節のお祝いに欠かせないもののひとつが花火。

今年の北京市の花火の25日までの売り上げは去年比で28%増だったそう。不景気も何のその。1千元前後のダンボール大の花火がぼんぼん打ち上げられてたし。

双井の花火売り地点
hanabi1.jpg


一辺40cmはあるダンボール型花火。
hanabi2.jpg


直径30cmはあるだろう円盤型爆竹。5000発ってすごい・・・。
hanabi3.jpg


手のひらに載るくらいの戦車型、ミサイル型花火。
hanabi4.jpg


そしてバズーカ花火。ビル4,5階くらいまで余裕で飛んできます。こういう飛行距離が長いのを密集したマンションの窓から水平に放つやからが多くて危なっかしい。
hanabi5.jpg



美しくもはかない花火の後に残った光景は・・・。25日深夜から26日未明にかけて発生した爆竹の燃えかすは2268トンにのぼるそう。清掃のためのスタッフも1万人以上が投入されたとは驚き。そういや26日に日付が変わったときにパトロールしに街へ出かけたとき、マンションやオフィスビルの前にはすでに竹ぼうきで燃えかすをかき集めている清掃部隊を多数目撃した。

yanhuo-1.jpg



1月27日午前の建国門の空の様子。26日のカウントダウンのときの花火はマンションのベランダから180度パノラマで見ていたが、すごい光景だった。無数に花火が打ち上げられ、10分もしないうちに北京の空がもくもくと白い煙で包まれて、空気がきな臭くなっていったのだから。

090127.jpg