オリンピック期間中の北京の空気は「改善」されてたと聞きますが、今はもれなく味つき香りつきです。

2008年全国の3分の1の都市が国家の定める大気の安全基準に達していないと国が報告しています。

↓下は1月19日の四川省成都市の写真。18日から2日連続で霧が大発生し、視界度が50mにまで落ち、8線の高速道路が閉鎖されたとの報道です。季節柄の霧もありましょうが、排気ガスやスモッグによるところも大きいかと・・・。

090119chengdu.jpg


↓下は1月21日の北京市建国門、午後4時半頃。写真中央にかすむ建物は、撮影地点から建国門大街を東に200mほど行くとある中国社会科学院です。北京も負けずにやばいです・・・。

090120jianwai.jpg





おまけの定点観測。

1月18日午後5時半、この日は空気も割りときれいで、気持ちのいい日差しがきちんと地上まで届いてました。

090118beijing.jpg




1月19日午後5時半、この日はどんより曇り、というか霞み。「空気の入れ替えしよう」と部屋の窓を開けてドアは閉めておき、しばらくしてその部屋へ一歩入ると「うっ、不味い」息を止めて速攻窓を閉めるのが最近のお約束。窓閉めて掃除機をかけるか、悩むところ。空気清浄機のフィルターが「ほかのお宅よりだいぶ汚れてらっさいますね」と定期清掃でいわれるのもいたしかたなしか。

090119beijing.jpg




1月21日午後5時50分、ブレブレですんません。大気汚染のせいか、インフルエンザのせいか、近頃マスク姿の人を街でちらほら見かけるようになった。白い普通の綿マスクのほかに、タータンやらメッセージやら入った楽しい図案のマスクも見る。そういうほうが「わたし保菌者です」っぽくなくていいよね。こちらがいつものごとく立体型マスクをしてパトしていると、「それどこで買ったの?花粉症によさそう」と見知らぬ人に尋ねられた。広まれ「クチバシ型マスク」の輪!

090120beijing.jpg