こないだホットチョコレートの写真を撮るためだけに、マシュマロ一袋を購入した。10粒をホットチョコレートに浮かべたら、残りのマシュマロはお役ごめん。はてどうしたものか。

子供のころ、母のお菓子本に載っていたマシュマロを手作りしてみたことを思い出した。タッパーか何かにコーンスターチを敷きつめて、スプーンの背で丸くくぼみを作って、ゼラチンと卵白と砂糖で作ったマシュマロ液を慎重に丁寧にその穴に落としこんでいく。固まったマシュマロのふわふわの食感と表面のすべすべした感触がうれしくて、お菓子本の写真にあった薄いピンク色や緑色はついていなかったけど、手作りできたことに感激したっけ。

近頃では「ギモーヴ」とフランス語で呼ばれて脚光を浴びているらしいね。ライムとか塩キャラメルとかいろんなフレーバーがあるようで楽しめそう。いずれにせよ、私の手元に残っているのはアメリカから輸入された、バニラの香りプンプンの甘~いチビマシュマロ。

近頃、冷蔵庫に長いこと眠っている玄米フレークなどを使って健康シリアルバーを作りたいなと思っていたので、ちょうどいいからマシュマロバージョンで試してみた。


marshmallow.jpg



【今回の具】
玄米フレーク、スライスアーモンド、粗刻みのアーモンド、パンプキンシード、ココナツフレーク、オレンジフレーバーのドライクランベリー。好みの具を全部で2カップ分くらい。

【作り方】
1.マシュマロ約2カップとライスドリーム大さじ1を小鍋に入れて、弱火で溶かす。
2.マシュマロの溶けた鍋に具を投入。手早く混ぜる。
3.オーブンシートなどをひいた上に広げて、粗熱をとってから冷蔵庫で1時間しっかりと固めてから切り分ける。

サクサク感とねばっこい食感にオレンジ風味とクランベリーの酸味がきいていて、かなり甘いものの、残り物利用のわりにはおよろしいお味で。オレンジフレーバークランベリーはアメリカのトレイダージョーで買ったもの。かわりにレーズンと、オレンジピールかレモンやオレンジの皮のすりおろしなんかでもいけそう。