2009年01月

春節の爆竹売り~かき入れ時

今年も後もう少し。今日は晦日。

09年1月1日は青島でゴタゴタと迎えたので、今一度陰暦で新年を仕切りなおしたいと願う。09年1月26日の春節は家の中をきれいに整頓し、お花を飾り、気持ちよく迎えたい。・・・と思うけどどうなることやら。

さてと、巷ではすでに花火を鳴らす音が聞こえ始めてます。

北京市政府の爆竹関連のお達しによると、5環内では、大晦日(1月25日)と1日(1月26日)は24時間鳴らしてよろしくて、それ以降15日目までは朝7時から夜24時までよろしい、となっています。一応、建前上は。

ま、中国人にとって特別な春節はやっぱりやること小さくまとまってちゃだめでしょう。


↓建国門・友諠商店の南、サイテックデパート近くに花火売りが出ました。駐車場を何台分か占拠して建てた仮設店舗です。

090120jianwai-1.jpg


↓寒い中がむばってます。たくさん売れるといいね。

090120jianwai-2.jpg

季節外れの収穫

2008年4月15日付のこのブログで、北京の自宅でベランダ菜園を始めたことを書きました。
そして今、ミニトマトが最盛期。

tomato.jpg


その頃種で植えた二十日大根は二十日でならず、ミニトマトは6月に帰国する前にはやっとトマトらしい葉が見え隠れする小さな苗に育ってました。

11月半ばに北京に戻ってみると、葉や枝がごちゃまぜに絡まっている状態でした。報告によれば、それまでに小指の先ほどのトマトがひとつだけ収穫できたそうな。サンルーム風のベランダは冬だと日中の気温が30度近くにまで上昇し、夜は20度前後に下がり、自然と適温がキープされていた模様。

種を植えてから実質9ヶ月後の今、細っこい枝には「鈴なり」には遠いものの、5、6個の赤い実と予備軍が実っています。毎日少し水をやるだけで、それすら時には数日忘れ、肥料らしいものは何もやってないのに、けなげに実をつけた姿には『感謝』です。

外はマイナスなので外出は控え、冷蔵庫の野菜が底をつき、乾物料理で食いつないでいたときは、この一粒のトマトが「酵素」の唯一の供給源でした。ちょっと厚めの皮もいとおしい。よくよくかんでいただいてます。

北京、冬の美食?!

北京の空気が味付きだという話を2件続けましたが、わたしが霞を食って生きているからそんなに味にうるさいのではと誤解するむきがあるといけないので、今回は本日口に入れた冬の名物、ローカルなグルメの報告をします。

というか、焼き芋です。しかし、フツーの「焼いた芋」とあなどるなかれ。一口食べたらハートも舌もわしづかみにされるくらい激ウマなイモなのです。口に含むとねっとり、甘さの極限を味わえます。

imo.jpg


大きめ一本と小さめ一本で合計7.2元!なんてナイスなプライスでしょう。これをスプーンですくって口に運び、中国茶をすするひと時の幸せなことといったら。

もうひとつのグルメは、芋チップ。サックサク、ガリガリ、芋そのものの甘みとこの食感があとをひきます。揚げずに焼いたのでヘルシー、というのが売り文句でもあります。ま、油はからめてあるようで、時間経過と共に紙袋に油がにじんできます。

芋チップは紙袋だと一袋5元。贈答にもOKな箱入りだと一箱10元。


『地瓜坊』という名の店で手に入ります。(路上でもドラム缶オーブン製のを買えます)

北京市内にいくつか店舗があります。イモ仙人ご用達の店舗は、秀水マーケット(永安里駅)から東大橋路を北にいくと右手にある秀水2号の1階路面店です。

冷めた芋や多めに買ったときは、皮をむいてから冷凍保存し、朝のおかゆを炊くときに混ぜると美味しくてほおが緩みます。冷凍しといた天津甘栗も入れて作るとこれもまた女子に受けそうな味です。

中国の大気が・・・

オリンピック期間中の北京の空気は「改善」されてたと聞きますが、今はもれなく味つき香りつきです。

2008年全国の3分の1の都市が国家の定める大気の安全基準に達していないと国が報告しています。

↓下は1月19日の四川省成都市の写真。18日から2日連続で霧が大発生し、視界度が50mにまで落ち、8線の高速道路が閉鎖されたとの報道です。季節柄の霧もありましょうが、排気ガスやスモッグによるところも大きいかと・・・。

090119chengdu.jpg


↓下は1月21日の北京市建国門、午後4時半頃。写真中央にかすむ建物は、撮影地点から建国門大街を東に200mほど行くとある中国社会科学院です。北京も負けずにやばいです・・・。

090120jianwai.jpg





おまけの定点観測。

1月18日午後5時半、この日は空気も割りときれいで、気持ちのいい日差しがきちんと地上まで届いてました。

090118beijing.jpg




1月19日午後5時半、この日はどんより曇り、というか霞み。「空気の入れ替えしよう」と部屋の窓を開けてドアは閉めておき、しばらくしてその部屋へ一歩入ると「うっ、不味い」息を止めて速攻窓を閉めるのが最近のお約束。窓閉めて掃除機をかけるか、悩むところ。空気清浄機のフィルターが「ほかのお宅よりだいぶ汚れてらっさいますね」と定期清掃でいわれるのもいたしかたなしか。

090119beijing.jpg




1月21日午後5時50分、ブレブレですんません。大気汚染のせいか、インフルエンザのせいか、近頃マスク姿の人を街でちらほら見かけるようになった。白い普通の綿マスクのほかに、タータンやらメッセージやら入った楽しい図案のマスクも見る。そういうほうが「わたし保菌者です」っぽくなくていいよね。こちらがいつものごとく立体型マスクをしてパトしていると、「それどこで買ったの?花粉症によさそう」と見知らぬ人に尋ねられた。広まれ「クチバシ型マスク」の輪!

090120beijing.jpg
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ