2006年09月

ヴィーガン・レストランで晩飯

マクロビセミナー終了後、上野の森美術館へ『生誕100周年 ダリ回顧展』を観に行きました。ダリの作ったショートフィルムを放映してたのですが、はっきり言って狂気的というか、グロかった…。生きてる女性の眼球をカッターで切る、って正気の沙汰じゃないでしょう?

観終わって上野から日比谷線で広尾まで約30分かけて移動。同じ30分間でも、つくばエキスプレスなら秋葉原~守谷間を移動できるのよ。さりげなくTX自慢電車

広尾へ行ったのは、晩御飯を「J's kichen」で食べるため。ずっと気になっていたこのマクロビ・レストラン、1階はデリ、2階がレストランになっています。さっそく玄米ピラフ&車麩のフライを注文しました。

jskichen.jpg


味付は意外にもしっかりと濃い目。マクロやっていない人もターゲットとして意識してるからかなぁと思ったり。私にとってはちょっと塩っぱいけれど、ピラフは噛めば噛むほど美味しいし、フライは衣のハーブの香りが効いてサクッとして「おかわり!」と言いたかったです。時間の余裕がなかったので惜しみつつもデザートは次回にまわしました。1階にあるショーケースの中におすまししているケーキたちはとても美味しそうだったなぁ。

地下鉄で人形町へ移動。留学前に勤めていた会社が御茶ノ水に移る前は日本橋蛎殻町にあったので、楽しかったあの頃を思い出しつつ、懐かしい街並みを目的地のTCATまでてくてく歩きました。

マクロビセミナー~3日目~

マクロビセミナーの最終日はプレートメニューでした。
ちょっと涼しくなった今日は、メニューにあるシチューがぴったりです。

今日もエリックさんの動きは無駄がなく、すいすいっとこなしていきます。ちょっとスムーズすぎると、さなえさんが会場から質問を受けて時間を調整するなど、二人の息はマッチしてます。

参加者には程度の差はあれど、マクロビ実践者がかなりの割合でいる模様で、手元のレシピにある材料を○○に変えて作るとすると陰陽にどのような影響が出るかなど、ハイレベルな質問がどんどん出てくるので聞いていて面白い。

<本日のメニュー>
・セイタン・ブルゴーニュ
・バターナッツスクワッシュとキドニービーンのスープ
・あらめとけしの実のストルーデル

3rd-day.jpg

フレンチスタイルのシチューはセイタン入りなのでボリューム感あり。赤ワインも加えてあるので深みがあるから、これから寒くなると活躍しそうなメニュー。かぼちゃのスープはふんわりやさしい味。キドニービーンが口当たりに変化を与えてアクセントとなって楽しい。あらめ入りのパイは、全粒粉入りパイ生地のざっくり感が香ばしいし、海草独特の甘みを感じられるあらめとベストマッチ。

マクロビセミナー~2日目~

今日のセミナーは、スイーツのデモストレーションです。
プロのエリックさんが野菜の皮を剥いたり、タルト生地を延ばしたりする動作を実際に目の前で見られるので、レシピ本ではなかなか分からなかった部分も「そういうことだったんだぁ」と知ることができるのは、生ならではのよさです。

なんといっても彼の動きに無駄がなく、その手から生み出されるすべてが、切ったフルーツにせよ盛り付けにせよ、とても美しい!雑なところがないのね。プロはプロでも、マクロビのプロは材料すべてを無駄にしないし、料理器具もとても丁寧に取り扱うから、見ていて気持ちいいですね。

2ndday2.jpg

<本日のデザート>
・ココナッツ・マカロン
・アップル・タルト・タタン
・かぼちゃのパウンドケーキ


ココナッツ・マカロンはあんなにシンプルな材料と作り方でこんなに可愛らしくて美味しいなんて。アップル・タルト・タタンはりんごのジューシーさとパイの歯ごたえが絶妙です。かぼちゃのパウンドケーキも、こっくりとした甘みがあとを引きます。どれもスイート大好き人間が大満足する花丸メニューです。食べたあとも体が重くないのがうれしい。レシピをもらって帰ってきたので、材料をそろえて試作してみようかな。

マクロビセミナー~1日目~

クシマクロビオティック・アカデミィで開催しているトークセミナーに参加してきました。今日から3日間の講師は、アメリカ・サンタモニカにおいて、アメリカで現在唯一の日本語でマクロビを教えているさなえさんと、そのだんなさんでマドンナを始めとする多数セレブのプライベートシェフを務めてきたフランス系カナダ人のエリックさんの2人です。
1stday.jpg

写真右の男性がエリックさん。さなえさんは手足だけ写ってます…。


アメリカでのオーガニック食品の普及ぶりやベジタリアンレストランの情報など盛りだくさんの内容を聞けた楽しい2時間半でした。エリックさんはあのスティングのシェフとして、ついこないだお城のような自宅へ出向き、料理をして帰ってきたところだそうです。

さなえさんは5年前?にひどい交通事故で臨死体験を経て死のふちからよみがえり、医師から一生歩けないと言われたにもかかわらず、現在は杖をついて歩いています。事故時の手術で体中にボルトや鉄板をたくさん入れてから今に至るまで、一般的には体の中でさび付いた部品を一生に何十回も手術を繰り返して交換しなければならないところを、さなえさんは一度もそれらを交換しないで済んでいるというのが驚きでした。さなえさんいわく、それはマクロビを実践して体内の酸化を防げているからだ、ということです。

さなえさんは、十数年前にも卵巣がんと宣告されましたが、手術や化学療法に頼ることなく、マクロビを本格的に実践することでがんを消滅させています。「マクロビオティックってスゴイんですっ!」とマイクを握り締めながら力説していました。このようにマクロビで病気や怪我を克服して、生き生きとしたエネルギーにあふれ、ハッピーな精神状態で現在を生きている方を実際に目の前にすると説得力があるし、万が一の時の頼れる保険を見つけたような気になります。マクロビと出会ってよかったなぁと思います。

日本一時帰国

今日、北京から日本へ帰ってきました。2~3ヶ月滞在予定の一時帰国です。成田からつくばへリムジンバスで移動している最中、車窓から素晴らしく美しい夕焼けが見えました。北京で仕事をしているときは、夕方に外を眺めるなんてことなかったし、帰国早々に素敵なプレゼントをもらったかのようです。

夕方6時過ぎにつくばエキスプレスの駅前に降り立ったものの、景観のあまりの変貌ぶりに、自分がどこにいるのかしばらく方向感覚がつかめませんでした。Loftまで出店してるし…。

迎えに来てくれた父と、今日手術したばかりでICUにいる母に会いに病院へ直行したあと、3週間ぶりに家に帰って、2人で遅めの晩御飯を食べました。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ