2006年06月

川畠成道さんのバイオリン演奏

ご無沙汰をしておりますです。昨晩も雷を伴った大雨が北京を襲いました。「ぺ、ペキンが亜熱帯化している・・・」と思ってましたら、どうも水不足のために人工雨を降らせているらしいです。

昔、ガンダムの中で、お母さんか誰かを訪問するため外出していたアムロが急に降ってきた人工雨に濡れてしまって「どうせ降らせるなら前もって知らせてくれよな」と憎まれ口をたたいていたことを思い出しました。真夜中、街が寝静まった頃に雨が降り出すように調整するって難しいんでしょうかね。まあ、人工雨の世話にならないことが一番でしょうけど。

昨晩は世界的に有名なバイオリン演奏者川畠成道さんのチャリティー演奏会が長富宮飯店で行われて、観客誘導のボランティアとして参加してきました。ロンドンを拠点に生活をされているという川畠さんのお名前は今回はじめて知ったのですが、今一番コンサートチケットが手に入りにくい演奏者だそうで、サイトを見るとすごい経歴をお持ちです。カーネギー、サントリーホールなど大舞台で演奏するほかにも今回のような慈善活動にも力を入れているようです。現在35歳のご自身は、8歳の時に服薬した風邪薬の副作用で両眼ともほぼ失明状態です。

そんな前評判をほとんど知らずに昨晩の演奏を聴いたのですが、これがすごかった。時に勇ましく、時に祈るように、技術的にも情緒的にも超一流なんです。北京に来て以来、こんな非の打ち所のない音楽を聴いたのは初めてです。アンニョ、ジャンルは違えど、デビット・タオの2005年北京コンサと並ぶかな。いやぁ、とにかくいい時間を過ごしました。CDも7枚出されているようです。

先週の停電

太陽晴 雨夜にわか雨

おかげさまで(?)、昨晩から熱いシャワーがまた復活しました。ありがてぇでがす。お湯を浴びながら、思わずシャワーヘッドに向かって拍手柏手打っちゃいました。

明日は土曜日。学校は休みだけど仕事。そういえば先週の雨上がりの土曜日14時近く、職場のレストランを含むわりと広い地域で停電が起きた。その頃頻発していた激しい雷雨の影響で電線が切れたとかいう話。店はちょうど休日の遅めのランチを楽しむ人達で席が埋まっていたところ。あたいは事務所でPCの前に座っていたら、突然目の前が真っ暗になった。

電気がないと、世界でその店にだけしかないという特製自動蒸し機も作動しなくなってしまって、火を使うメニュー(麺類や炒飯)か作り置きの前菜しか提供できなくなってしまった。会計をしようにもレジが使えないので、計算機を使って手で計算しなくちゃいけないし、領収書も手書き。階段も真っ暗、個室も真っ暗、ホールのトイレの水も一時出なくなってあせったわ。

お客さんが2階から降りてくるときには非常灯とロウソクでうっすらと照らして何とか対応。なかなか出てこない料理を待っているお客さんに事情を説明してまわったり、入店してくるお客さんにも小籠包が提供できないことを説明したりして。

今回発生したのが涼しい日の昼間だったからまだ不幸中の幸いとできるものの、もしも暑い日の太陽が落ちた後だったらと想像すると恐ろしい。厨房の中の気温は激暑になるだろうし、いつ復旧するか分からないのを待つ気分はなんとも言いがたい。

今回は一時間程度で復旧した。去年はこんなことが2回発生したそうだから、今後もいつ起こってもおかしくない。できることなら病院並に自家発電装置を設置したらいいんだろうけど、一レストランでそこまでの設備に投資するのは簡単なことではないでしょう。

それにしても店の服務員の落ち着いていることよ。発生初期は少し動揺していたけど、すぐに落ち着いてライトを適切に当たるように調整したり、会計のために1階と2階を何度も往復したり、連携してよくやっていたわ。こちらはこの停電がもたらす売り上げの損失を考えてシケた顔をしているのに、明るく屈託のない笑顔で冗談を飛ばす姿を見て、サバイバルスピリットを学びました。今回は、そんな20歳前後の若い彼らに助けられた思いです。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ