2005年08月

昼ご飯

今日の昼飯は、土曜日に作った和根菜カレーにマッシュルームを加えてさらに煮込んで、玄米ご飯と一緒に食べた。あとはゆでキャベツのごまマスタードマヨネーズ和え。カレーは日が経つにつれ美味くなるとは言うけれど、これが本当に旨くなってきてる!それに、熱いラーメンをすすってもめったに汗をかかないこのあたいが、このカレーを食べてると汗ばんでくるから不思議。

丁寧に作ったご飯を食べると、動作がていねいになって、気分までもちゃんとしようってなるから、これまた食べ物の影響ってすごいなって感じる。やっぱり体と心は、食べた物そのものなんですね。

充実晩飯

今日の晩飯は、根菜のごま味噌煮、しらたきとそら豆と刻み昆布のきんぴら、枝豆でした。枝豆は実がそりゃ大きくていいのが入ったんですわ、奥さん。甘いしね、食べ応えバッチグー。

根菜のごま味噌煮は、このまえ天津亀田食品有限公司(※1)の総経理宅で奥様が作ってくださったのがとても美味しかった!そのときはナスも入っていたし、みそ味っていうのが関東育ちにとってはとても目新しかったのでトライしてみたくて。

今回は、月森紀子さんの『野菜と玄米』を参考に、れんこん、にんじん、大根、げんこつ2個分くらいに大きなサトイモ系いも、ビーツのように鮮やかな紅色のたまねぎ大のいも、干ししいたけを具に、昆布と干ししいたけの出汁で煮立てたあと、米飴と醤油、玄米味噌と白味噌を入れてじっくり煮込んで、野菜に火が通って煮汁が少なくなってきたら、仕上げにすりごまと練りごまを加えてとろんとさせてできあがり。根菜の甘みと米飴でつけた甘味噌ごまだれがとってもおいしい!冬にもぜひ食べたい一品ができました。

※1;天津亀田食品有限公司とは、みなさんご存知の日本・亀田製菓株式会社と総合食品メーカーとして中国でトップブランドを確立している台湾・康師傳が共同出資して、天津経済技術開発区に2005年8月1日設立した、美味しくて健康によい高品質な米菓を中国で作り、中国で食べてもらおう!という会社。期待の美味いせんべいやスナックがスーパーに並ぶ日は近い!

Jay様、プレゼント企画

中国情報局が、周傑倫の日本デビューを記念して、プレゼント企画をしてますね。
日本のメディアにJayの姿や歌声がのると思うと、じつに感慨深い。華流ですか、流派は何でもいいんです、JayはJay。2000年にデビューして早5年、日本のJayファンは100人とも200人とも言われてきましたが、これで爆発するかも。ファンの平均年齢が一気に若返るかな。日本でのコンサートが実現する日も近づいたかしら。

本音を言えば、せいぜいヌンチャク振り回せるくらいのちっさいライブハウスで、ピアノを弾き語ったりして、こじんまりとライブをしておいてほしかったな。

だる~い日々

ここ2、3日半寝たきりで、寝疲れるとふらふらと起き上がってその辺の片づけをするような感じ。ずっと放置しておいて賞味期限が切れたもらい物の日本のカレールー、ついに使いました。だって、原材料の一番初めに「牛脂、豚脂」って書いてあるから、そのうち人にあげようって思ってたら期限が過ぎちゃったからさ。

冷蔵庫の余り野菜を使ってカレー作り。にんじん、たまねぎ、長いも、キャベツ、だいこん。昨日は小豆入りの玄米と一緒に。今日は白米を炊いてみた。だいぶ長いこと白米に触ってなくて、研ぎ方を思い出すのに時間がかかったわ。悪評高い中国のご飯だけど、天津ブランドのこれはモチモチして美味かった。二日連続カレーを食べて、そろそろ違うものが食べたいんだけど、まだ鍋には3食分は残ってる・・・。

腰の具合もだいぶよくなったし、明日はスーパーに買出しに行って、晩飯はちゃんとしたのを食べようかな。

テレビであの冬ソナを放映していたのでついつい見てしまった。チェ・ジウもぺも中国語しゃべってます。日本語の吹き替えだと直接的過ぎて見る気になれなかったけど、字幕付で中国語ならなんだかいい感じ。昨日は姜俊尚がまだ生きていることがわかって、チェ・ジウがそのことを知っちゃいそうなところで終わっちゃった。ぺって当時何歳くらいなんだろう?ぺさま、ドーラン塗ったお肌が乱れてますぅ。姜俊尚って名前がどうしても姜尚中(カン・サンジュン)とダブってしまう。似てません?

応対の天と地

先週の半ばは北京で学校の手続きでばたばたしてきた。まず、中央戯劇学院で入学に必要な書類とパンフレットをゲット。この事務のお嬢さん方が可愛くて、優しくて…そのためだけに入学してもいいかも、って思うくらい。応対してもらってるときに電話が鳴ってもこっちを優先して、「どうぞ出てくださいな」と言って初めて「すみません」と言いながら席を立つ。そんな当たり前のことができる人にこれまでなかなか出会えなかった…。

翌日は転学証明というのを出してもらいに清華大学へ。建国門の派出所に寄ってから行ったので学校の事務所に着いたのが11時半。ドアをノックすると、中には見かけたことのない女性が座っていて「事務所は向こうへ移転しましたよ」とな。親切にも移転先の電話番号を問い合わせて教えてくれた。

その新事務所ってのがやたらと遠い!やばい、12時まであと30分切ってる!こわれてる腰に鞭打って速足(のつもり)で歩く歩く。途中でもらった電話番号にかけてみると「その証明書はここじゃないよ、隣の部屋だよ。もう午前中は終わったよ」とつれなく言われ、隣の電話を聞きだしまたかけてみると「もう仕事時間終わったよ、来ても発行できないよ。来るなら5分以内においで」とな。我的天!

ここで引き下がると午後2時まで待たないとだめなのでこっちも必死。「午後はこっちが絶対無理、遠いところからわざわざ来てるんだし、12時まであと10分あるじゃないですかっ!」と押し問答しながら、横をすり抜けるチャリをヒッチハイクしたい衝動に駆られつつ、30分歩き続けてやっと目的地へ到着。何だってこんなデカイんだ、清華大学。

というわけで、週末はしっぽが痛いため半寝たきりです。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ