2005年04月

王府井洋華堂オープン

太陽晴れ

blog-1.jpg今日はヨーカドーのオープニングに行ってきた。すさまじい人出で、店内は歩くのもままならないほど。店の外でも魚や卵の激安売りをしていて、客の行列が途絶えることはなかった。1階から3階までが店舗で、お茶やお菓子の対面式販売の店や日式レストラン、花屋やパン屋も入って、スペースはあまり広くはないながら、割と充実した印象。人ごみをかき分けて冷蔵ケースの前にたどり着くと、そこには肉類がトレイに入れられて整然と並べられていた。その様子は日本のスーパーとまったく変わらない。

ここの場所は、国貿から南にタクシーで10分ちょっと行った勁松橋の近くで、取り立てて華やかな土地柄と言うわけでもなく、どちらかというと下町風。そう遠くない所に、日本人がたくさん住む龍頭マンションもあることだし、ひろ~い敷地を使ったこれまでのヨーカードーとは路線を画して、「近所のスーパー」的存在としてやってくんだろうなぁ。

そのあと、三里屯近くの湖南料理屋でコナン君と昼ご飯。久しぶりに故郷の味付けの料理を口にしたコナン君は気分が高まって、案の定、意味不明の奇声を発していました。
五道口駅前のカフェでお茶をしているときに、ロバ荷車を目撃&激写。ついにその画像をお届け&ご紹介することができて、大変うれしゅうございます。(写真左の奥はモノレール五道口駅)
blog-2.jpg

クラス事情

太陽晴れ 走る8,775歩

昨日の晩、珍しく遅くまで予習なんぞしちゃったから、今朝は寝坊してしまった。今日は8時から授業開始なのに。バスで登校し、9時ごろにのこのこと「てへへ、すみません…。」と頭をかきながら教室の半開きのドアを開けると、誰もいなかった・・・。黒板には「同学たちへ、11教室にいます、馬老師より」と先生の書置きが。11教室のドアの隙間からのぞいてみると、他のクラスの生徒に混じって馬老師の頭が見えた。空いている席もなさそうなので、元の教室に戻って自習することに。

授業時間が終わり、教室に先生とクラスメート一人が部屋に戻ってきた。どうやら今日の授業の出席者が彼女1人だけだったので、いい機会だからと隣のクラスに混じって授業を受けていたらしい。五一節直前の金曜日だし、天気もいいことだしってんで、さてはみんなサボったな?

次の総合中国語の授業時間も生徒が2人だけなので、前半は授業して、後半は先生とおしゃべりタイム。実はこないだの中間テストの際に、教師に対する評価付けも行った。この24歳の先生の評価結果は思わしくなかったと思う。あたい自身も低く評価を付けた。総合中国語の性格上、仕方ないのかもしれないけど、長い解説を超早口でまくしたてて、生徒が本当に理解したか確認しないで次に進んじゃうんだよなぁ。こちらが質問したときの答えも早口だし、知らない単語がたくさん入っているから、ますます訳分かんなくなっちゃう。生徒の顔色を見ながらとか、クラスのレベルに合わせてもらえたらと思うんだけど。

今日は先生が「問題があったら聞かせて」と言ってきたので、インドネシアのクラスメートと一緒に日頃の不満を伝えてみた。言葉のニュアンスを選べるほどのレベルじゃないけど、若い女性を傷つけてやる気を失わせたくないし、気を使った。でも、その必要はなかったみたい。あたいたちの不平を聞き終えた後も、へこたれた様子は全然なく、「これはあくまで2人の考えだから、他の人たちにも聞く必要があるわ」と言ってのけた。以前、クラスメート全員で話し合って、授業の方法を変えてくれないかと先生に直情したことがあったけど、そのときも「でも、@×△?!」とか早口で言って、自分のやり方を今まで押し通している経緯がある。この鋼のような自信を見習うべきか否か。

中関村南大街

太陽晴れ 走る9,385歩

今日もじりじりと暑い一日だった。中関村南大街の界隈を歩いていると、農業科学研究院の前に来たので、ひょいとお邪魔してみた。
blog-428-0.jpg

門をくぐってすぐ左の建物がここの出版社とか販売所になっていた。野菜の種子や、いろんな花からとった蜂蜜とかが売られていて、そのうち畑をするようになったらここに買いに来ようかしらん。この研究院は、北三環の大鐘寺あたりにわりと広い試験田を持っていて、交通が激しい幹線道路脇に葉物がびっしりと植えられている。排気ガスがかかった作物は、収穫後どうされるんだろう。やっぱり、食べちゃう?

中関村南大街を北に向かって歩いていくと、ちょっと高級な庶民派デパートがあって、その前の道路脇にちょっとたたずめる場所が設えてあった。
blog-428-00.jpg

写真じゃ見にくいけど、北京の至る所に簡単な運動器具が置かれた公園があって、朝からお年寄りたちがせっせと体を動かしている。道路の反対側には友誼賓館貴賓楼の建物。ちなみに、友誼賓館側の道路は大渋滞中です。普通の運転手の人々はクラクションを鳴らしまくります。少しでも前に進もうと、無理やり隣のラインに首を突っ込んだりして、寸止めみたいなことをしょっちゅうしてます。当然の結果として、サイドミラーを誰かの車にゴリゴリして、乗客全員が降り、もぬけの殻になったバスが脇に停まっていたり、道路の真ん中に停車して口喧嘩をしているとかいうのが、ここでは毎日見られます。

夏の始まりか?

太陽晴れ 走る8,391歩

今日の最高気温は32度。登校するために真昼に40分歩くと、さすがに日焼けが気になる。乾燥と強い日差しのコンビは、肌の大敵ですわ。

夕方に中関村から2元のバスに乗ったら、なんとクーラーがオンされていた。バスの初乗り料金には2通りあって、空調設備があると2元から、それがないと1元から。これまで乗った2元のバスは、どれも窓を開けて爆走するので、心の中で「1元返せ~!」と叫んでいたんだけど、今日はもとを取った気がしたってもんです。住居のエレベーターにも、冷房(送風?)が入っていた。それくらい日差しの強い一日でした。

まもなく五一節

太陽晴れ 走る11,097歩

今日の最高気温は、なんと31度!!午後からは授業で屋内にいるので、一番暑い時間帯は味わっていないけど、午前中も夕方もここ数日は日差しがとても強い。おまけに風が強い。春があっという間に過ぎて、夏に直行しそうな天気が続いている。街行く人々に、半そでにビーチサンダルの人もよく見かけるようになった。東京なら梅雨があるけど、北京の春から夏までの気候って、いったいどんなんだろう?身をもって味わいまひょう。

学校は4月30日から5月8日まで五一節で9連休。学校を出てすぐの列車のチケット屋は、連休を利用してどこかへ出かけるためにチケットを求める人々で長蛇の列。なんでも、出発日の一週間を切ってからチケット購入可能、とかの日付の制限があるらしい。クラスメイトの中には、海外へ行く人もいるけど、ほとんどの人は5月15日にあるHSKテスト(漢語水平考試)のことが頭から離れなくて、遊びに行っても楽しめないから、と北京で勉強するらしい。(らしいって他人事みたいに・・・。)あたいといえば、いちおう勉強もプランに入って入るけど、北京観光を楽しもうと思っている。胡同探索とか、話劇を観に行ったりだとか、CDやDVDを大人買いしたりだとか、ね。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ