北京の空気は今日も味付きです

2008年12月16日午後4時現在の北京市建国門の空の様子。

jintian081216.jpg


昼間はお日様はあった。夕暮れにはまだ早い。
ちょっと向こうのビル群もよどんだ空気でかすんでる。
写真を撮るのに窓を開けたら、変な味が鼻腔を刺激してきた。

北京市政府は平日車両規制を実施している。
ナンバープレート末尾の数字で振り分け、平日各1日ずつ運転禁止。
たとえば、末尾が9と4の車は今月は毎週月曜日運転禁止。5と0は毎週火曜日というふうに…。
走ってるのを見つかれば罰金。走っちゃいけない曜日は一ヶ月ごとに変更される。

北京の車の約半数は政府とか軍などの公用車系らしい。そういう車が率先して運転を控えるのか、その反対なのかは知りまへん。
残り半分の車の枠内で、平日は毎日5分の1ずつ車数が減らされているってこと。

この空気も、発展する上で避けられない、時代の流れの一部分なのかもしれない。
数日前のNHK番組で、東京の水道水を今のと昔を再現したのとで飲み比べていた。ゲストたちは昔のを「プールのニオイがする」とか「昔部活のときに飲んだ水道水の味がして懐かしい」とかいっていた。

経済みたいにある程度底を打ったらあとは上向きにいくしかないのだったらいいけど、環境の問題って、取り返しがつかないこともある。空気の話から飛躍するけど、絶滅種ってそうでしょう。何をすべきで、何をすべきでないのか、知らないふりをするのはそろそろ終わりにしないといけない頃なのかも…。

街はすっかりクリスマス色に・・・

christmastree.jpg

11月30日に賽特デパートを通りかかったら、巨大クリスマスツリーの飾りつけ真っ最中でした。日が暮れると建国門外大街にそって、ビルや樹がきらびやかに浮かび上がります。赤青白黄緑をごちゃ混ぜに点滅させて中華センスを大発揮してる様子は、東京なんかで目にするイルミネーションとはまた違った味があります。

年末につき在庫食料を小掃除

こないだホットチョコレートの写真を撮るためだけに、マシュマロ一袋を購入した。10粒をホットチョコレートに浮かべたら、残りのマシュマロはお役ごめん。はてどうしたものか。

子供のころ、母のお菓子本に載っていたマシュマロを手作りしてみたことを思い出した。タッパーか何かにコーンスターチを敷きつめて、スプーンの背で丸くくぼみを作って、ゼラチンと卵白と砂糖で作ったマシュマロ液を慎重に丁寧にその穴に落としこんでいく。固まったマシュマロのふわふわの食感と表面のすべすべした感触がうれしくて、お菓子本の写真にあった薄いピンク色や緑色はついていなかったけど、手作りできたことに感激したっけ。

近頃では「ギモーヴ」とフランス語で呼ばれて脚光を浴びているらしいね。ライムとか塩キャラメルとかいろんなフレーバーがあるようで楽しめそう。いずれにせよ、私の手元に残っているのはアメリカから輸入された、バニラの香りプンプンの甘~いチビマシュマロ。

近頃、冷蔵庫に長いこと眠っている玄米フレークなどを使って健康シリアルバーを作りたいなと思っていたので、ちょうどいいからマシュマロバージョンで試してみた。


marshmallow.jpg



【今回の具】
玄米フレーク、スライスアーモンド、粗刻みのアーモンド、パンプキンシード、ココナツフレーク、オレンジフレーバーのドライクランベリー。好みの具を全部で2カップ分くらい。

【作り方】
1.マシュマロ約2カップとライスドリーム大さじ1を小鍋に入れて、弱火で溶かす。
2.マシュマロの溶けた鍋に具を投入。手早く混ぜる。
3.オーブンシートなどをひいた上に広げて、粗熱をとってから冷蔵庫で1時間しっかりと固めてから切り分ける。

サクサク感とねばっこい食感にオレンジ風味とクランベリーの酸味がきいていて、かなり甘いものの、残り物利用のわりにはおよろしいお味で。オレンジフレーバークランベリーはアメリカのトレイダージョーで買ったもの。かわりにレーズンと、オレンジピールかレモンやオレンジの皮のすりおろしなんかでもいけそう。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ